読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーまみれ。

冴えない会社員が細々カレーを食べた様子を書くだけのブログです。

1回目:カレーの王様 市ヶ谷店

ざっくりカレーチェーン的な所を攻めてみようと思い、名前的にも気になったこちらのお店に訪問。

f:id:yoki159:20170423143511j:plain

うーん、木陰と相まってとてもいい佇まい。

カレー食べに来たな、って感じがする。

入店して一瞬、システムが分からずに戸惑う。

どうやらカウンターで注文して料理を受け取った後、着席する形式みたいだ。

システムも分かり、いざ注文!

ロースカツカレー(910円)を頼み、さて待つかとカウンターの隣に行くと、なんと既にそこには煌々としたロースカツカレーが置かれているではないか!

…早っ!!!

一瞬キング・クリムゾンのスタンド攻撃を受けたのかと錯覚するほどの早さ!!

さくっと食べたいと思っている時に、この早さは本当にありがたい。そのまま流れるようにカウンター席へ。

f:id:yoki159:20170423145934j:plain

ザ・カツカレーである。

紛うことなきそのフォルムは、安心感すら覚える。

例えるならば、キャベツ太郎のパッケージが昔と全然変わらない安心感と近いだろうか。(そういえばあれってなんでキャベツ太郎って名前なんだろう)

その安心感に包まれながら、いざ実食。

…美味い!!

中辛を選んだのだが、思ったより辛さは感じない。代わりに、まろやかな甘みが後を引く。ルーはドロドロ系とサラサラ系の中間と言った感じだろうか。ご飯との絡みが丁度良い。

カツも口に運ぶ。これもまた、所謂普遍的カツカレーのカツを踏襲しているような、安定感のある味だ。

ああ、こんな天気のいい日にこんなほっこりするカレーを食べて、なんだか何事にも動じないマイペースな心を取り戻せたように感じる。

帰りに乗る電車の方向を間違えたが、そんな事程度じゃ今の僕の心は揺らせない。というか暫く乗り間違えた事に気づかなかった。

そんな安定感を与えてくれるカレーって、やっぱ素敵だ。

ごちそうさまでした!!

はじめに

僕はカレーが好きだ。

そして僕にとって外食でカレーを食べるという事は、ココイチでカレー食べる事とほぼイコールだった。

僕はココイチが大好きだ。

初めてバイトをしたのもココイチだった。

あの黄色の看板に吸い寄せられるように、僕はバイトをしていながらも度々ココイチに客として訪れた。

メニューを開いて飛び込んでくるトッピングの群れは、いつも僕を悩ませた。

手仕込み系を初めて食べた時、僕はワンランク上も一応頼める年齢、そう、大人になったんだ…と実感させてくれた。

そしてカレーにチーズ…あぁ、パーフェクトだ…

…と、ココイチについての思い出は尽きる事のない僕だが、最近ふと気づいてしまった。

カレー好きを自称しているくせに、他のお店とか全然行ったことないじゃん!!!…と。

…いいのだろうか。

有名カレー店ひしめくこの東京で、それらのカレーを堪能せずに一生を終えるなんて事があっていいのだろうか。

…いや、いい筈がない。

さらに言えば、今月は僕が社会人になって一年を迎えた節目の月でもあった。

昨年度は社会の荒波に飛び込んだ。嵐に揉まれて、僕の心の船は傷だらけで軋んでいる。

ならば、今年度飛び込むのはカレーの荒波だ。

カレーによって僕の心の船はコーティングされ、その傷を埋めてくれる筈だ。

空は快晴だ。よし、出かけよう。

いざ、カレー探求の旅へ!!